自動車より安い電動自転車の維持費について解説 - 電動自転車のレンタル
レンタルお申込み

自動車より安い電動自転車の維持費について解説

電動自転車の維持費は、自動車やオートバイと比較すると格段に安く済みます。
電気代、税金や保険、駐車場代、メンテナンス費といった多くの面で自動車よりも維持費が大幅に安くなるからです。
年間の維持費が、安くて1万円以下に収まる電動自転車は、経済的な選択肢として非常に魅力的。
日常の移動手段、通勤や通学などの送り迎えとして、特に短距離の移動や買い物においては、自動車よりも電動自転車を選ぶことで、駐車することの容易さと、費用的に大きな節約が期待できます。

そこで今回は、自動車より安くつく電動自転車の維持費についてご紹介します。

年間の維持費はどれくらい?

電動自転車の年間維持費は、自転車の使用頻度やメンテナンスの状況、地域の電力料金などによって異なります。

一般的な目安を紹介しますと、最低限で月々300円から800円くらいになることが多いようです。(駐輪料金がない場合)

しかし、故障などで部品交換や無保険で事故にあった場合は、この限りではないでしょう。

また、自転車保険の保証の厚いものに入ったり、これらに含まれません。

では、項目ごとに詳しく見ていきましょう。

維持費用はこれくらいかかる

ここでは、電動自転車の維持費用について項目ごとに見ていきます。

自転車保険費用

自転車の保険費用は、地域や保険内容によって異なりますが、入っておいた方が良いでしょう。
最近では、自転車の事故によって大きなケガを負ってしまったり、最悪の場合、死んでしまうケースも発生しているからです。
自転車の保険費用は、年間で大体1,000円〜1万円などになることが多いかなと思います。その場合で、月に最低金額で100円前後ではないでしょうか。

電動自転車の電気代

電動自転車は電気がサポートしてくれる自転車なので、定期的に電気を充電しないといけません。

電気代は使用する電力と電力料金単価によって決まりますが、大体、月に100円〜300円くらいとなることが多いようです。

駐輪料金

駐輪代金は、駅前によくある駐輪場で、月に1500円〜2000円が多いようです。
また、お住まいのマンションで駐輪場を借りる場合、年間500円がかかる場合もあるようです。

以上を考慮して計算すると、年間1万円〜3万円くらいになることもあるようです。駐輪料金を含めた場合です。

また、ほかの移動手段と比べてみると、電動自転車のコスパの良さがより良く分かります。

ほかの移動手段と比較してみる


ここでは、ほかの移動手段と電動自転車の費用を、比較してみましょう。

電車での移動費用

電車での移動費用の多くは、電車の定期代でしょう。電車の定期代は、距離によって異なると思いますが、通勤の場合、月々1万円〜2万円が多いようです。

自動車での移動費用

自動車での移動費用の多くは、購入費を除いた場合、

ガゾリン代金
駐車料金
自動車保険

などでしょう。これらも距離や車種、年数、地域などによって異なりますが、月々5万円〜10万円が多いようです。ただし、駐車料金が必要なかったり、通勤先が、車で5分の距離の場合、この限りではありません。

ほかの移動手段と比較してみると、電動自転車は、快適な移動手段なのに、維持費用が圧倒的に安く感じられますね。

一方、電動自転車で高いと感じてしまうのは、購入費用のようです。

購入費用をおさえるならレンタルなら抑えられる

電動自転車が高いと感じてしまう購入費用。これを抑える方法の一つは、レンタルすることです。レンタルなら、初回にどうしてもかかってしまう購入費用を抑えることができます。
仮に電動自転車を購入する場合、約10万円前後はかかってしまいます。レンタルにすると、これらが毎月、もっと安く安心して利用できるようになるのです。

まとめ

今回は、自動車より安くつく電動自転車の維持費についてご紹介しました。

電動自転車は、自転車と比べると多少は費用がかかってしまいますが、それ以上に利便性の向上が見込めて、より豊かなライフスタイルが送ることができます。